ユーグレナの効果を実感しよう!! ユーグレナサプリで便秘解消

* 生活習慣病の予防は便秘解消から

生活習慣病の予防は便秘解消から


生活習慣病を注意する必要がある


日本人に多いと言われる生活習慣病は

高血圧」「糖尿病」 「心臓病」「脳卒中」そして「ガン」です。


これらの病気は「生活習慣病」と呼ばれ、

食生活、喫煙、ストレス、運動不足、飲酒などのライフスタイルとの密接な関係があります。


生活習慣病は40歳代を境に増え始めますが、

あなたの生活環境を改善すれば、将来的に生活習慣病になるリスクを軽減できます。


そのためには、自分自身の健康状態や生活環境に関心を向け、

理想的な生活習慣を心がける必要があります。


生活習慣病と健康食品


今日では、様々な健康食品が溢れかえり、一体どれを選んで良いのかわかりません。


表示成分と中身が違っていたり、薬事法で禁止されている

「ガンが治る」「病気が治る」と効能が書いてあったりと、

信用できない健康食品も多数あります。


健康食品は、直接体内に入るものなので、

健康サンダルや健康布団などの器具と違い、

謝った先入観で摂取すると健康被害をもたらす場合があるので、注意が必要です。


現在の健康食品は、相乗効果を上げるために、

数種類の成分が配合されているのが多く発売されていますので、

何種類かの健康食品を摂取している場合には、

成分内容を良く確かめて、過剰摂取にならないように気を付けてください。


健康食品の利用法


あなたは、健康食品を使っていて、その効果に満足ですか?

本や雑誌で紹介されているような効果は実感できましたか?

その健康食品の本来の効果を実感してみたいですか?


すでに健康食品を使用している人で、自分が思っていたより効果が出ない、

健康食品は効かないと思われている人はたくさんいます。


そのような人たちは、本や雑誌に書いてあったことは嘘や宣伝記事だと思われているかもしれません。


健康食品を摂る理由は、

「病気を治したい」「体調を良くしたい」ですから、

思ったように効果が出なかった場合には、 どうしても不満が残るのは仕方ないことでしょう。


本や雑誌の記事を嘘や宣伝だと決めつける前に、ご自分の腸内環境を疑ってみてください。


食事から摂る栄養は、胃で消化され腸で吸収されます。

健康食品も腸から有効成分が吸収され、全身へ回ります。


この時、あなたの腸内環境が思わしくない状態でしたら、

ほとんどの有効成分は吸収されずに、便と一緒に排泄されている可能性が高いのです。


有効成分を吸収されやすくするには?


腸内環境が悪くて吸収できる大きさに分子を分解できないのなら

、最初から吸収できる大きさの分子構造を持つ 健康食品を摂ったら良いのでは?

と思われる人もいるでしょう。


確かに、最初から吸収されやすい大きさの分子構造でしたら、

大きな分子を小さくする必要はなく、 腸内環境が悪くても吸収されやすいと考えられます。


しかし、腸内環境が悪かったら、吸収される環境になかったら、

分子をどんなに小さくしても思うように吸収はしてくれません。


身体が最も必要としている栄養素は「炭水化物」「タンパク質」「脂質」なのです。


この3種類は腸内環境が悪くても吸収されますが、他の栄養素は吸収されにくいと考えてください。


太っている人は腸内環境が悪い人がほとんどです。


それでも「炭水化物」「タンパク質」「脂質」はしっかりと吸収されますが、

ダイエット系の健康食品を摂っても 有効成分が吸収されにくいのですから効果は出ないのです。


健康食品をいくら摂っても効果のでない人は、

腸内環境が悪玉菌に支配されていると考え、

善玉菌を増やすようにしなければ、お金をドブに捨てているのと同じです。


腸内環境が改善されれば、

高価な健康食品を摂らずにいても体調が改善された例はたくさんあります。


まずは、腸内環境を整えてみてください。


腸内環境を考える


腸内環境は、腸内細菌である善玉菌と悪玉菌のバランスで決まります。


腸内細菌は約100種類あり、

数にして100兆個、重さにして1.5kg前後と言われています。


善玉菌は、日本の伝統食である和食を好み、悪玉菌は動物性タンパクを非常に好みます。


動物性タンパクを摂れば、

インドール、スカトール、アンモニア、アミンなどといった猛毒物質を作り出し、

腸内環境が劣悪になり、猛毒成分が血流と一緒に身体中に巡り回るのです。


病気の人の腸は悪玉菌が幅をきかせており、善玉菌は圧倒的に少なくなっています。


この様な状態ですと、

いくら高価な健康食品を摂ってもほとんど吸収されずに排泄されてしまいますので、

思ったような効果が得られないのです。


ちなみに、4日以上便秘になった人の便と、

毎日排泄している人の便を蒸留水で溶いてネズミに注射したところ、

毎日でた便は、 ほとんど毒性がなくネズミは健康そのもの。


しかし、便秘した便は、ごく少量でネズミは即死します。


便秘している腸内からは、

インドール、スカトール、アンモニア、アミンなどといった猛毒物質が発生しており、

これらが腸から吸収され血液と一緒にあなたの身体中を巡ります


腸内環境を整えるには


腸内環境を整えるには、食生活を改める必要があります。


あなたが、本当に心から体調を良くしたいとお考えなら、

動物性脂質を減らし、たっぷりの食物繊維と発酵食品を摂るべきです。


ご存じのように食物繊維は、腸内細菌のエサとなり善玉菌の繁殖を助けます。


味噌、醤油、納豆、漬け物などの発酵食品は、優良な善玉菌をたくさん含んでいます。

また、腸内細菌だけでは分子を分解する 力が足りなくても、

最初から微生物が発酵を促しているので腸内細菌の心強い味方となります。


食物繊維の働きは大きく分けて3種類あります。


1 コレステロールの吸収を抑える

動脈硬化を予防し心臓病脳卒中を予防します。


2 腸内善玉菌の増殖支援

食物繊維は腸内善玉菌のエサとなり善玉菌の増殖を助けます。


3 水分保持

食物繊維は消化されませんので、腸内で水分を吸収し便を軟らかくしお通じを助けます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional